母の日のプレゼントに1年間の出来事をまとめた手作り動画を作ろう!

この記事のシェアはこちら

【母の日】プレゼントに手作り動画

もうすぐ母の日なので、そろそろプレゼントを手配しなければという人たちも多いのでは? 僕の家では毎年カーネーションの花束は父親がプレゼントしているので、子どもの立場の方がプレゼントを選ぶのが大変だ。この時期はいつも困ってしまう。

もちろん、父親に連絡して花束の料金を折半するという方法もある。だけど、これは父親に「そんな気遣いは要らん」と断られることが目にみえている。かと言って、フォトフレームやスカーフはもう前にプレゼントしているし、気が付けばネタ切れ状態。

そこで今年は、1年間の僕たちの出来事をまとめた手作り動画をプレゼントすることにした。もちろん妻の入れ知恵だけど、僕たちはどちらも実家から離れて暮らしているので、なかなか会える機会も少なく、動画のプレゼントは良いアイデアだと思って便乗することにした。

オリジナルムービーの作り方は簡単!

スマホさえあれば、パソコンなくても簡単にオリジナルムービー作れちゃうのが、今の時代。GoPro という水中アクションカメラで有名な会社が「無料」で提供しているアプリがあって、今回はそれを使わせてもらっている。その名も「Quick」である! 簡単そうでしょ?

ちなみに、僕が参考にしたのは次の記事。GoPro のカメラは持ってなくても、アプリは自由に使うことができるので、これは確かに超おすすめ!

動画を編集するアプリは「Quik」オススメです!! 「Quik」は使いたい写真と動画、そして音楽を分析して、自動的にかなりセンスのある動画を作成してくれます! もちろん自分でも様々に編集できますし、自分の使いたい音楽を使用することができます。

パソコン版もあるので、スマホ版とパソコン版で使いやすい方を使えば良いだろう。それぞれリンクを貼っておくと「iOS版 Quick」と「Android版 Quick」と「デスクトップ版 Quick」どれを使っても、超簡単にオリジナルムービーを作ることができる。

動画のプレゼントなら「モノ」が増えない

完成した動画は、DVD でプレゼントするのではなく、インターネット上で見られる形にしてプレゼントしようと考えている。僕の両親は、パソコンとスマホに加えてタブレットも持っていて、インターネットで動画を見ることくらいなら簡単にやってくれるからだ。

5分までの動画であれば、LINEで送信することもできる。

これは花束を贈る場合も同じだけど、動画のプレゼントなら実家に「モノ」が増えるわけではないので、凄く良いと思う。母親の性格上、貰ったものは絶対に捨てられないので、なるべく形に残らないプレゼントを考えないと、すぐに「モノ」で溢れかえってしまうからだ。

ただでさえ「モノ」が多い実家なので、これ以上は「モノ」を増やして欲しくないというのは本音である。帰省するときや電話で話すときも、自分たちが実践するミニマムライフの良さを親たちに伝えているので、親のミニマムライフ実現に向けて何かしたい気持ちもある。

手作りの良さがある! そして送料不要(笑)

はじめは「母の日に何をプレゼントする?」と妻と相談していたとき、何か感動する映画の DVD をプレゼントするのはどうだろうかと話していた。

最近の映画だとファンタジーやアクションものが多いので、昔の映画で「ローマの休日」とかそういうのを考えていたのだ。でも、よく考えたら「初恋の人と見に行った映画」なんていう地雷を踏んでしまう可能性もあり、それで踏みとどまって考え直したのだ。

まあ、結果的には手作りの動画の方が全然良い。感謝の気持ちは直接メッセージで伝えられ、家族全体にとっても宝物のようなプレゼントになる。そしてタダ、しかも送料無料(笑)

それに、これなら毎年「同じ」プレゼントでも大丈夫だ。なぜなら、次の年はまた違う内容のムービーを作って見せられる。何年か継続していけば、家族全体にとっても財産になる。

今は、ローマの休日より感動させることのできる動画を作るために躍起になっている。きっと僕の両親の涙腺は崩壊することだろう。母の日のプレゼントと言いつつ、自分たちの宝物にもなるので、クオリティを上げるためにメッセージ部分の録画と編集を繰り返している。

両家の母親に「使い回し」ができちゃう

本当はあまり言いたくなかったけど、事実なので言っておこう。大切な部分のメッセージさえきちんと変えておけば、手作り動画は「両家の母親」どちらに対してもプレゼントできる。

データを手作りするわけだから当然と言えば当然だけど、こういう属性を持ったプレゼントは他にはない気がする。もっと言えば、母の日以外のときにも必要であれば使い回しすることができる。1度あげてしまえばそれで終わりになるプレゼントではないのが特徴だ。

これはもう、母の日の「手作りムービー」は、プレゼントとして最強ではないだろうか?

それにしても、思春期の頃は母親が大嫌いだった僕でも、結婚して家庭を持ったらこんなにも家族を大切にするようになるから不思議だ。数年前までは母親のことが大っ嫌いだったから、母の日にプレゼントなんてしたことなかったのに。今じゃネタ切れの末に手作りだからね。

自分たちのためにもなる「使い回しのできる」プレゼントだけど、何も感謝せずにプレゼントしないでいるより、よっぽど良いんじゃないだろうか(笑)

今回の記事のまとめ

動画のプレゼントで喜んでくれれば、母親と父親の「モノ」に対する考え方が少し変わるかもしれないと、淡い期待も抱いている。僕はこうしてミニマムライフを推奨したブログを書いているけど、親たちはまだまだ「モノ」に囲まれた生活をしているからだ。

いずれにしても、母の日までに素晴らしい内容のオリジナルムービーを完成させ、僕の母親と妻の母親にプレゼントしたいと思う。ということで、今回のさとり世代のミニマムライフは、これからの母の日のプレゼントは、ぜひ「手作り動画」にしようというお話でした!

当ブログ『さとり世代のミニマムライフ』は
以下のカテゴリで人気ブログランキングに参加しています。

ライフスタイルブログ シンプルライフ ライフスタイルブログ ミニマリスト

この記事のシェアはこちら

更新情報を受け取るにはこちら