あの時ああしていれば!過去の恋愛を思い出して妄想する夜に思ふこと

この記事のシェアはこちら

あの時ああしていれば

あなたには「あの時ああしていれば」と思い出し、別の結末を妄想せずにはいられない恋愛があるだろうか? 自分にはある。それも1つや2つではない。まだ恋愛経験の少なかった頃、同じような失敗の「甘酸っぱい恋愛」を何度も繰り返していたからだ。

もし今あの頃に戻れたなら

まだ若かった頃の僕は、相手の気持ちにとても鈍感だった。何となく良い感じかもしれないと浮かれることはあっても、わざわざ自分から行動を起こしたりはしなかった。ウブとシャイの最強コンボであり、今思うと、たくさんの恋愛のチャンスを棒に振ってしまったはずだ。

「もし今あの頃に戻れたなら。」

こんなことは、もちろん不可能だって分かりきっている。だけど、ふと昔のことを思い出して切なくなる夜だってある。そんなとき、誰に迷惑を掛けるでもないので、ただ妄想の中だけで『もしあの時ああしていれば…』とあれこれ考えたりするのは楽しいじゃないか。

初恋の相手が話してきたとき

もう10年近くも会っていないし、前に「人生は何度も何度も変わった」の話でもしたように、今では気にすら掛けなくなったけど、僕には小学校4年生の頃から中学校の卒業まで、6年間ずっと片想いをしていた女性がいる。相手は知らないと思うが、僕にとっては初恋の人だ。

人生変わった!学生時代の人生観などあってないようなものだった!
高校生や大学生の頃、自分の人生にはどんな意味があるのだろうと考えることが良くあった。毎日がほとんど同じことの繰り返しで、それは永遠に続くようにさえ感じた。当時の僕の人生観は「劇的に人生が変わることはない」という冷めたものだった。

正確に言えば高校を卒業するまで好きなままだったけど、告白できずに卒業をして違う高校になってしまったので、もう半分以上も諦めていた感じだ。唯一の救いは、高校でも同じ部活をしていたことと、同じ小学校地区に住んでいたことで、まだ会えるチャンスがあったこと。

だから、部活の大会で話し掛けるチャンスがあっても、思春期の僕には気の利いた言葉なんて思い付かなかった。それなのに、何と相手の方から話し掛けてきてくれて、最近の家族旅行で買ってきたというお土産をくれたり、携帯のメールアドレスを交換したりすることができた。

そこから先は? うん、何もない。浮かれていただけで特に何の行動も起こさなかったから、これは完全に自分が悪い。でも、あの時の自分にはどうすることもできなかったのだ。

頻繁に連絡を交わして遊んでいた相手

今度は、大学4年生の頃の話だ。僕が3年間ほど続けていたバイト先の後輩に、同い年で広島出身のとても可愛い女性がいたのだが、先に僕がバイトを辞めてからも、バイト先の人たちの話題や、大学を卒業後のことについてよく連絡を交わしていた。

僕は、彼女が過去にバイト先の先輩と付き合っていたことを知っていたし、その当時はフリーだったのかもしれないけど、同い年で元バイト仲間ということで、本当にただの友達のように感じていた。何気ないことで相手の方から連絡が来ることの方が多く、夜中に話したりも。

気が付けば2人だけで遊びに行くようになり、彼女に家にも何回か遊びに行った。バイト先の中年のお客様にストーカーをされて困っているという話にも、よく相談に乗ってあげていた。でも、自分が彼女の彼氏になるということが想像できず、友達感覚だけが続いていた。

いま思えば、向こうからの際どい質問や誘いだって何度もあったのに、なぜ「友達だから」と頑固に決めつけてしまっていたのか、よく分からない。あの時、僕にあとほんの少しの勇気と男らしさがあれば、彼女とは付き合う関係になっていたはずなのだ。

でも結局はあれで良かったと思ふ

僕のように、昔の恋愛のことをふと思い出し「あの時ああしていれば」と妄想してしまう人は男女問わずに多いと思う。男の場合、どちらかと言うとあっちの妄想をしてしまうことの方が多いけど(笑)こういうのって、女性の場合はどうなんだろうか?

まあ、後悔や反省から学び、次の恋愛や今の相手との関係に活かすのが正解だよね。

いずれにしても、恋愛の名言「フラれても後悔しないけど、何もしないと後悔する」というのは、やっぱり本当だなと思う。ただ、最終的にはそういう恋愛経験も含めて現在の自分があるわけで、結局はあれで良かったはずだ。それに今、幸せだし。それが1番大事でしょ。

過去のことを思い出して妄想するのは、あくまでも楽しみ! 良からぬ妄想をしてしまう夜もあるけど、誰に迷惑を掛けるわけでもないなら、罪悪感を持つ必要はない…よね?

今回は、そんなお話でした(笑)

当ブログ『さとり世代のミニマムライフ』は
以下のカテゴリで人気ブログランキングに参加しています。

ライフスタイルブログ シンプルライフ ライフスタイルブログ ミニマリスト

この記事のシェアはこちら

更新情報を受け取るにはこちら