ミニマリストとシンプルライフの違いをそろそろ誰かが決めてしまおう

この記事のシェアはこちら

ミニマリストとシンプルライフの違いと生き方

前回のブログ記事は、なかなか反響があった。ミニマリストの「生き方」についての話だ。

だから僕たちは「持たない暮らし」より「持たない生き方」に憧れる
僕たちが「持たない暮らし」に憧れるのは、どうしてだろう? 要らないモノを捨て、自分のやりたいことだけを思いっきり楽しみたいからではないだろうか? もしくは、いま目の前にあるモノを捨て、本当に欲しいモノを手に入れたいからではないだろうか?

僕が憧れているミニマリストたちのブログを見ていると、皆シンプルかつ「ド派手な」人生を送っている。「あれ、ミニマリストってシンプルライフの究極系だと思ってたけど違うの?」そんな風に感じる人は僕だけではないだろう。

事実、究極のミニマリストたちのブログ には「シンプルライフ」というキーワードがどこにも出てこないことが判明した。これはどういうことだろう? もしかすると、僕たちは間違って大きな「勘違い」をさせられていたのかもしれない。

だって、この人たちは、明らかに人と違う人生を歩んでいる。だけど、ミニマリストなんだ。生き方はある意味で「シンプル」だけど「シンプルライフ」ではない。

ここは、そろそろ誰かが「ミニマリスト」と「シンプルライフ」の違いについて、ハッキリと決めてしまった方が良いんじゃないかと思う。そして、ミニマリストの定義って何だ?

僕が考える「ミニマリスト」とは?

ミニマリストな人たちは、モノに縛られないし、環境や人にも縛られない。場所に縛られない自由奔放な生き方をしているので、ほとんど制約を持たない生き方をしているように見える。言い方を少し変えると『どこへ行ってもやっていける人』という印象だ。

こんにちは、くみです。 海外放浪生活を始めてもう4年めになります。 時々「そんな暮らしをしていてすごい、よく出来るね」と言われますが、難易度を考えると、私はそんなに稼いでいるわけじゃないので、大抵の人は私より稼げるだろうから楽勝じゃない?難しく考えているだけで、誰でも出来るよね…?と常々思っています...

デジタルガジェットを使いこなしているイメージも強い。興味のないことには見向きもせず、周りに流されることもない。ただひたすら、欲しいものとやりたいことを邪魔する「何か」を削ぎ落としていき、スリムな生き方をしている。これが僕の考える「ミニマリスト」だ。

僕が考えた「シンプルライフ」とは?

シンプルライフを掲げる人たちは、とにかく「目の前にある暮らし」をシンプルにしている。なるべくモノを持たない点ではミニマリストと共通しており、これも誤解の原因になっていると見える。言い方を少し変えると『目の前にある暮らしに満足している人』という印象だ。

好きなものだけに囲まれ、シンプルながらも豊かに暮らしているイメージも強い。周囲からの影響を受けず、そのまま暮らしで自分たちの生活を満喫している。興味のないことに見向きもしない点は、ミニマリストと共通している。これが僕の考える「シンプルライフ」だ。

実際の違いは「焦点」がどこにあるか

ミニマリストとシンプルライフには共通点もあるけど、ミニマリストの人は「自分」を焦点に考えているのが特徴で、何かに縛られたくない考えの人が多い。一方、シンプルライフの人は「暮らし」を焦点に考えており、どうやら協調性のある人が多い。

ミニマリスト
焦点が「自分」にある
シンプルライフ
焦点が「暮らし」にある

僕はどちらだろう? このブログのカテゴリは、ミニマリストとシンプルライフの2つに登録してきた。でも今回、僕が『どちらを大事にしているか』改めて考えてみることにした。

ミニマリストは「自分」に焦点

ミニマリストの場合、とにかく焦点が「自分」に当たっている。ライフスタイルは関係なく、自分を基準として「欲しいもの」や「やりたいこと」以外を削ぎ落としていく。ミニマリストによっては、断捨離対象に「普通の暮らし」や「恋人」などが当てはまる場合もある。

一般常識への固執や、個人的なこだわりもなく、人生において最小限必要なものは自分自身で決めるのがミニマリストなのだ。僕の場合は、こちらの方がより当てはまっている気がする。周りの意見はあまり気にせず、やりたいことを追い求めるタイプの性格だからだ。

人生変わった!学生時代の人生観などあってないようなものだった!
高校生や大学生の頃、自分の人生にはどんな意味があるのだろうと考えることが良くあった。毎日がほとんど同じことの繰り返しで、それは永遠に続くようにさえ感じた。当時の僕の人生観は「劇的に人生が変わることはない」という冷めたものだった。

シンプルライフは「暮らし」に焦点

シンプルライフの場合、とにかく焦点が「暮らし」に当たっている。まずは一般的な暮らしを基準として「よりシンプルな暮らし」を追い求めていき、その結果として「豊かな暮らし」を手に入れるのがコンセプトだ。だから、ブログの内容も基本的に「暮らし」の枠を出ない。

シンプルライフは確かに魅力的だが、僕は「暮らし」にこだわることについて懐疑的な立場も取っている。なぜなら、初めてスッキリと自分好みにカスタマイズした部屋で暮らしたとき、だからといってそれで僕の生活が豊かになることはなかったからだ。

一人暮らし生活はミニマリストの敵?部屋作りに呪縛されないために!
生粋のミニマリストな僕がはじめて一人暮らしをしたとき、事前に断捨離もして超スッキリな部屋を手に入れた『はず』だった。でも、はじめてで「ゼロ」から一人暮らしをすることは、ミニマリズムの前に『強敵』として立ちはだかる。これは、その教訓である。

ミニマリストとシンプルライフの関係

この記事を書きはじめたからには、なぜ「ミニマリスト」と「シンプルライフ」が同じような意味で使われるのかを、もう少し説明しておかなければと思う。

この2つはそもそも『焦点』が違う。だから、実際は「同じ話を違う側面からしているだけ」という場合があるのだ。1つ典型的なのは「暮らしを大切にするミニマリスト」である。このカテゴリでブログを書いている人は、ほとんどがこれに該当するかもしれない。

主婦ミニマリスト=シンプルライフ主義

主婦の場合は「目の前にある暮らし」を削ぎ落とし、断捨離することはあり得ない。だから、焦点を「自分」に合わせて『ミニマリスト』の肩書きを選択しても、話の中心が「暮らし」であることには変わりない。つまり、焦点を変えると「シンプルライフ主義」と同じになる。

じゃあ、シンプルライフのカテゴリに移った方が良いのかというと、暮らしを大切にしているミニマリストであり、ミニマリストの肩書きが間違っているわけでもない。このタイプの人は「ミニマリスト」であり「シンプルライフ主義」でもあるのだ。シンプル&ミニマムな暮らしというのは、この人たちのためだけに作られたようなものである。

シンプルかつ派手に生きるミニマリストも

ミニマリストには、欲しいものとやりたいことに全力を注ぐために「目の前にある暮らし」も含めて『要らないものはすべて削ぎ落とす』人がいる。これは、違う焦点でシンプルライフと考えることもできる。ただ、それは『その本人』にとってだけの話だ(笑)

周りから見ると、いわゆる「一般的な暮らし」からは遠く掛け離れたライフスタイルなので、ド派手に生きているように見えるからだ。だから「シンプルライフ」の肩書きは似合わない。こういうタイプの人は「シンプルかつ派手に生きるミニマリスト」となる。

違いを再整理してみる

「ミニマリスト」と「シンプルライフ」2つの言葉は、同じ意味で使われることがあるため、その違いが分かりにくい。今回の記事で、少しは違いが分かりやすくなっただろうか?

最後にもう1度だけ、両者の違いを再整理してみたいと思う。

違いは「自分」か「暮らし」の焦点

ミニマリストの人は「自分」に焦点があり、自分目線で考えていることが多い。結果、自由に自分らしく生きるフリーランスの人は「自分」に焦点があるので、ミニマリストが多い。

一方で、シンプルライフの人は「暮らし」に焦点があり、自分目線で考えるより「暮らし」に合わせて物事を考えている。目の前にある暮らしを大幅に変えていく選択肢はなく、基本的に暮らしには満足している。ただ「暮らしをもっとシンプルにしたい」理由がある。

ミニマリストは「何」を考えているか

シンプルライフの人は、少し焦点を変えると「暮らしを大切にするミニマリスト」と見ることもできる。ただ、すべてのミニマリストが暮らしを優先して考えるわけではない。

ミニマリストは「自分」を焦点に考えるのであって、何を中心に考えるかはそれぞれなのだ。お金を中心に考え、そのために不要なものを削ぎ落とすミニマリストがいれば、遊びの時間を中心に考え、そのために不要なものを削ぎ落とすミニマリストもいる。

僕は「自由」を考えるミニマリスト

2年以上前に「残業の多い商社の仕事」を辞め、妻と一緒にフリーランスとして在宅ワークをやり始めた。ハネムーンでは妻の希望で、貯金を切り崩しながら日本一周旅行をした。当時は在宅ワークが流行り始めたときだったけど、不思議と怖さはなかった。

さらなる自由を求めて人生は続く

その後「なるべくモノを持たない」ようにして暮らしてきたけど、手に入れたシンプルライフにはまだ満足していない。好きな人と毎日一緒に過ごせている今の暮らしは素晴らしいけど、もっと自由で豊かな暮らしは、またどこか違うところにある気がしている。

今後さらなる自由を求めて、これからも僕たち「さとり世代」の人生は続いていく。ブログに書けることはなるべく書いて、少しでも多くの人に見られるようにしていきたいと思う。

当ブログ『さとり世代のミニマムライフ』は
以下のカテゴリで人気ブログランキングに参加しています。

ライフスタイルブログ シンプルライフ ライフスタイルブログ ミニマリスト

この記事のシェアはこちら

更新情報を受け取るにはこちら