プレフラ(プレミアムフライデー)は何をする?ゆとりのある社会へ!

この記事のシェアはこちら

プレフラ(プレミアムフライデー)は何をする?

明日3月31日は、2回目のプレフラ(プレミアムフライデー)がやってくる。まだすべての企業に導入されているわけではないが、日本の企業も、ゆとりを持って仕事をする海外企業のようになれたなら素晴らしいじゃないか!

ちなみにプレフラとは、プレミアムフライデーの略である。おそらくはこれから定着していくはず。2017年の流行語大賞になるかも。ほら、プレミアムモルツも『プレモル』だしね。

ゆとりある生き方のススメ

ところで「さとり代表」の僕の場合は、好きなことで仕事をしているため、毎日がプレフラのようなものだ。むしろ、日月火水木金土ではなく『日日日日日日土』のような生活をしているので、ゆとりある暮らしのエキスパートと言ってもいい。

そこで、今回は「プレフラの第2回」を記念し、ゆとりある社会での生き方を提案してみる。

自由な時間が半分もない社会

24時間のうち「寝ている時間・食事・お風呂等に使う約10時間」を除けば、1日に使える1人あたりの時間は『14時間』くらいである。

これを1週間当たりでみれば『14時間×7日=98時間』の時間があるとも言える。だが、この『98時間』のうち、あなたが「自分や家族のために使える『自由』な時間」というのはどれくらいあるだろう? 一般的な会社員なら、そのうちの『半分もない』のが当たり前だ。

お昼の休憩や残業を入れれば、平日の5日間は『会社に10時間くらいいる』人がほとんどであり、つまり『10時間×5日=50時間』を職場に費やしている計算なのだ。これが、今の日本の社会なのである。

ゆとりがすぐに仕事を辞める?それはさとり系の有能な怠け者である!
ゆとり世代が仕事を辞める理由は、簡単には説明できない。ただ、1つ確実に言えることは、まことしやかに言われる「ゆとりはすぐ仕事を辞める」は真実ではないということ。むしろ、それなりの仕事内容や収入でも満足し、続けている人の方が多いからだ。

プレフラ大賛成!

月に1回だけであっても、プレフラが実施されることにより、月末の週には『2~3時間』の自由な時間が新たに生まれることになる。

これだけを聞くと大した影響はないように思うかもしれないが、多くの人が『半分以上の時間を職場に費やしている状況』から脱却することができ、『自由な時間の比率の方が大きい』と感じることができれば、社会の雰囲気は結構変わるのではないだろうか? と僕は思う。

時間と気持ちにゆとりが生まれるとポジティブに物事を考えられるようになり、仕事の効率も上がるはずだ。そしてもちろん、ずっとやりたかったけど時間がなくてできなかったことにもチャレンジできる余裕が生まれてくる。プレフラの実施、僕は大賛成ですよ。

むしろ反対してる人って何なの?

ソロ充な生き方―ソロ充とは?1人で好きなことを楽しむ人の究極形態
ソロ充という言葉をご存知だろうか? ソロ充とは、ソロ(おひとりさま)でも『充実』した生活を送る人、もしくは『その充実した様』を指す言葉であり、いまや『家族や恋人や友達と過ごす時間より1人で過ごす時間の方が楽しい』という意味さえ含んでいる。

同時に「副業」も解禁すべき

これは僕のような立場だから言えるのかも知れないけど、プレフラで自由な時間が増えても、ただ単に「余暇に当てるだけ」っていうのは少しだけ勿体無い。

もちろん、リラックスできる時間が増えたり、家族や大切な人と過ごせる時間が増えたりするのは良いことだけど、新しいスキルを習得したり、新しいビジネスを始めたりっていうことも自由にできるべきだと思うんだよね。実際、今の時代はそういうことが簡単にできる。

お金はブログで稼げる!宝くじを買うより確実で投資のように夢がある
ブログがお金を稼ぐ手段になるということは、まだ初心者には現実味のない話かもしれない。でも世の中を見渡してみると、実際にお金を稼いでいる人達がたくさんいるのだ。この業界で有名なイケダハヤト氏は、ブログで月500万円ものお金を稼ぐらしい。

会社に拘束される時間が長かったせいで『自分磨き』に掛ける時間が取れなかった人たちも、自由な時間が増えれば、こういうことを考えるようになるのが自然なんだから。色んなことにチャレンジできるように、副業禁止の制度も解禁すべきだと思う。

まあ、同じ考えの人は当然いるよね。孫正義氏の息子である「孫泰蔵氏」あたり、引っ張ってくれないかな? 以下のブログでも書かれてました。

会社に属してても未来永劫ずっと安泰なんて時代はない。でも、経済成長期やバブルの名残で未だに「副業はダメ。会社の言うことを聞けば大丈夫」という。終身雇用は崩壊してるのに、会社側のスタンスは当時のまま。

これはとても危険だと思う。いつ会社が無くなったり解雇されるかわからないのに、一箇所だけで仕事をしてたら、スキルが育たない。

【全員副業を持つ時代】孫泰蔵「本業副業の概念自体が古い」

考え方を変えられるかどうか

プレフラ(プレミアムフライデー)についての賛成反対の意見は、世論は真っ二つに分かれてしまっている。中には、ここぞとばかりに「忙しい月末に3時上がりなんて不可能だ」と言う人がいるのである。習慣を何よりも重んじて、古い考え方を変えられない人たちだ。

しかし、僕は賛成だ。ゆとりある社会は人々はよりポジティブし、自由な時間が大半を占めるようになれば、創造的なアイデアも出てきやすくなるはずだ。

さて、今度の「プレフラ」にあなたは何をするだろうか? 僕は「プレモル」で好きな人たちに囲まれて楽しく乾杯をしたいな。それでは皆さんも、良い週末を!

人間関係って疲れるの?好きな人たちに囲まれて暮らしてみるといいよ
僕は学校や職場で大勢友達をつくるタイプではないが、自分の好きな人や尊敬できる人とは、それなりに良い関係を保てている。最近「人間関係が疲れる」と言っている人の話をネットでよく見掛けるけど、その理由って何だろう?

当ブログ『さとり世代のミニマムライフ』は
以下のカテゴリで人気ブログランキングに参加しています。

ライフスタイルブログ シンプルライフ ライフスタイルブログ ミニマリスト

この記事のシェアはこちら

更新情報を受け取るにはこちら