親や恋人に理解してもらえないとき!1人で孤立するより良い方法は?

この記事のシェアはこちら

親や恋人に理解してもらえない!

親に理解してもらえない、彼氏・彼女に理解してもらえないというときは、誰にだってある。僕自身、親の理解なんて12年間の反抗期を経てようやく得られたくらいだし、結婚する前に付き合っていた別の彼女には、とうとう最後まで理解してもらえなかった。

子が第二次反抗期を乗り越えるには?親が自分の非を認めると改善する
以前、このブログで、僕には「12年間の反抗期」があった話をした。いわゆる第二次反抗期と呼ばれるものだが、子が第二次反抗期を乗り越えるにはどんなキッカケが必要なのだろう? 母親のことを「うざい」と感じることが多かった僕は、とても苦労した。

今、このブログに辿り着いたあなたも、誰かに理解してもらえないせいで悩んでいるのだろうと思う。1人で孤立してしまっていると、ついには「もう誰にも理解してもらえない」なんて気持ちにさえなるかもしれない。でも、落ち込んだり怒ったりせず僕の話を聞いて欲しい。

理解してもらえない理由は?

親や恋人があなたのことを理解してくれないとき、あなたにはあなたの言い分があるように、向こう側にも何かしらの言い分がある。

そして、ほとんどの場合は「あなたのことを思い、あなたのことを守ろうとして」言っていることなのだ。だから、議論は平行線を辿るばかりで、どんなに言っても理解してもらえない。

つまり、向こう側は「あなたのことを心配して言っている」ので、心配が拭われない限りは、ああ言えばこう言うの繰り返しとなる。叫んでも、あなたの言い分は理解されないのだ。

最初は理解してもらえないもの

あなたの言い分が正しくても、相手の言い分が「間違っている」とは言い切れないし、最初は特に理解してもらえない。今の世の中では当たり前のことや、誰もが良いと思うことだって、なかなか最初は理解してもらえなかったものなのだ。

でも、続けているうちに理解されていく。段々と「良いかな」と思われるようになっていく。まずは「何事にもそういう過程は避けて通れないものなんだ」と心に刻んでおくと良い。

最良の方法は「実績と仲間」づくり

あなたのことを心配する親や恋人に対し、あなたのやりたいことを理解してもらうためには、まず「実績と仲間」づくりをすることをおすすめする。僕は、これが最良の方法だと思う。

誰かは必ず理解してくれる

あなたの言い分を理解してくれる人は、家族や恋人や友達とは限らない。まだ出会ったことのない人の方が、100倍もあなたの良き理解者となり、応援してくれる可能性だってある。

確かに、1番身近にいる親や恋人に理解してもらえないと、誰にも理解してもらえないような気持ちになってしまう。だけど、誰かは必ず理解してくれるものだ。

なお、あなたから何かしらの「見返り」を期待している人には、絶対に相談してはいけない。

でも、同じ境遇を乗り越えて成功した人や、似た境遇から目標に向かって頑張っている人たちは必ずいるはずだ。しかも、こういった人たちは、すでに「実績と仲間」の両方を持っている人たちである。こういった人たちが力になってくれれば、これほど心強いものはない。

実績と仲間を見せれば変わる

誰かの例をダシにして説得をしようとするとなかなか理解してもらえないけど、自分の実績と仲間を見せることができれば、口だけで説明するときより理解してもらえやすくなる。

特に、その様子を継続できているさまを見せつけることができれば、効果てきめんのはずだ。

上でも言ったように、親や恋人はあなたのことを心配して言っているだけであり、その心配を拭い去ることができれば、途端に何も言わなくなるのである。

ここまで来たら、あとは自分の信じた道を行くだけだ。周りの力も借りながら、どんどん前に進んでいけばいい。そう、やりたいことをやるだけなのさ。

 最終的には「より良き理解者」に

あなたの言い分を理解せず、最初は反対する親や恋人は多い。

でも、あなたが諦めることなくチャレンジし、実績と仲間を見せて説得することができれば、最終的には「より良き理解者」になってくれるはずだ。

あなたが「強い思い」を持ってアクションを起こした過程を知っているので、成功してからのあなたしか知らない人と比べると、あなたがスランプに陷ったときには、逆に強い味方にさえなってくれることがある。

縁を切ったりして完全に孤立してしまうのではなく、仲間と実績をつくってからもう1度話をするようにしてみよう。身近な人が良き理解者になれば、やっぱり心強いしね。

じゃ、今日のお話はここまで。

当ブログ『さとり世代のミニマムライフ』は
以下のカテゴリで人気ブログランキングに参加しています。

ライフスタイルブログ シンプルライフ ライフスタイルブログ ミニマリスト

この記事のシェアはこちら

更新情報を受け取るにはこちら