人間関係って疲れるの?好きな人たちに囲まれて暮らしてみるといいよ

この記事のシェアはこちら

人間関係って疲れるの?

僕は学校や職場で大勢友達をつくるタイプではないが、自分の好きな人や尊敬できる人とは、それなりに良い関係を保てている。最近「人間関係が疲れる」と言っている人の話をネットでよく見掛けるけど、その理由って何だろう?

僕の場合、「親がうざい」と反抗してストレスになっていた時期 はあるけど、学校や職場での人間関係に関しては、逆に気にならないタイプだった。むしろ「これがありのままの自分」と感じていたタイプなので、もしかすると精神的なアプローチが人と違うのかもしれない。

余計な付き合いが多過ぎるんじゃ?

僕は、基本的に「嫌いな人との人付き合い」や「時間を浪費する人付き合い」を避けるようにしている。だから、人間関係が疲れると言っている人の話を聞いたり、ネットに書かれていることを見たりすると『それって余計な付き合いが多過ぎるんじゃないかな?』と思う。

少なくとも、自分で「自分の時間」を管理できていれば、そこまで疲れることはない。でも、周りのペースに合わせて振り回されてばかりいると、とても疲れるはずだ。

リラックスできる時間が必要

1週間を時間換算にしたとき、どれくらいの時間リラックスできているだろう? ちなみに、「24時間×7日=168時間」が1週間ということになる。

僕の場合、自分の好きな時間に起き、好きな時間に好きなことをできるタイプの仕事なので、むしろ「リラックスしている時間の方が長い」状況だ。この時間バランスが僕とは逆にある人は、そりゃしんどいだろうなぁと思う。だって、人に気を遣ってる時間の方が長いのだから。

なるべく、リラックスできる時間を取ろうよ。これは絶対に必要な時間だから優先すべきだ。

ちなみに、僕が1番リラックスできるのは寝ているとき! 寝ているときにリラックスできていない人がいるとしたら、それはもうかなり重症なんじゃないだろうか?

好きな人たちと一緒にいる時間は?

次に、好きな人たちと一緒にいる時間も、1週間でどれくらい取れているか考えてみよう。

もちろん、好きな人たちと言っても、何人もは必要ない。大切なことは、どれくらいの時間を好きな人と一緒に過ごせているかである。ちなみに僕の場合は、常に好きな人と一緒に過ごすことができている。まぁ、自分自身も含めて(笑)

じゃあ、あなたにとって好きな人ってどんな人だろうか? 一緒にいるだけで癒される人や、面白くて楽しい人、もしかしたら猫などのペットも含めてしまって良いかもしれない。

好きな人たちに囲まれて暮らしていると、人間関係で悩むことは絶対になくなるはず。

自分1人でいられる時間も大切!

僕の場合、仕事をしているときや、本を読んでいるとき、ゲームをしているときなど、これは好きな人にであっても、邪魔をされたくない。

自分の時間は絶対に譲らないのだ。

もちろん、周りの人をシャットアウトして1人だけで時間を過ごしすぎるのは良くない。僕が言いたいことは、どちらかと言うと「自分の時間は自分でコントロールできる状態にしよう」ということなのかもしれない。

つまり、自分でスケジュールを立て、誰かに物を頼まれたときも、自分で決めるのだ。周りに合わせたり、周りに流されたりする形でどんどん時間が削られていくのは、絶対によくない。つまらない飲み会にダラダラ付き合って、行きたくない二次会に行く人っているもんね。

時間比率を変えると良いかも

人間関係に疲れている人は、好きでもない周りの人に合わせたり流されたりして、自分自身で時間をコントロールできていないんだと思う。周りに気を遣っているからストレスも溜まり、リラックスできる時間や、好きな人たちと過ごすための時間は、どんどん削られていく。

でも、この時間比率を何とかして変えることができれば、人間関係で悩むことなんてなくなるはずだ。1番おすすめなのは、とにかく「好きな人たちと過ごす時間比率を増やすこと」だ。これができれば、リラックスできる時間も増えるし、睡眠の質だって上がるだろう。

ご飯は好きな人と食べ、1日の半分以上がリラックスできる時間だと理想だ。1週間のうち、周りの人にコントロールされている時間の方が長い人は、ぜひ試してみて欲しいと思う。

当ブログ『さとり世代のミニマムライフ』は
以下のカテゴリで人気ブログランキングに参加しています。

ライフスタイルブログ シンプルライフ ライフスタイルブログ ミニマリスト

この記事のシェアはこちら

更新情報を受け取るにはこちら