焦ると何もやる気が起きない?なぜか別のことをしてしまう!悪い癖だ

この記事のシェアはこちら

何もやる気が起きないとき

なぜか分からないけど、やらなきゃいけない大事なことがあるとき、焦れば焦るほどやる気が起きない。プロフィールでも書いているように僕はアスペルガー症候群だけど、この悪い癖はやっぱりその1つの症状なのかもしれない。全然治らない。

だけど、実際には本当に何もしていないわけではなくて、あとで振り返ってみると色々なことをしているのが分かる。心の中では「ヤバイやらなきゃ!」って焦っていたはずなのに、なぜ別のことをしてしまっているのか。これはマジで改善しなきゃ駄目だ。

具体的な症状

僕の具体的な症状としては、いつも以下のような感じである。

大事なことほど後回し

お仕事をさせてもらった人に対して督促のメールを送らなきゃならないとか、SNSで誰かにコメントの返事をしなきゃいけないとか、時間が過ぎてしまうと価値がなくなってしまうことをついつい後回しにしてしまう。

好きなことに没頭してしまう

インターネットで面白そうなことを見つけたり、知らなかったことに興味を持ったりすると、時間を忘れてそのままのめり込んでしまう。一旦集中し始めると、ご飯の時間や寝る時間さえ惜しまないようになるので、完全に「1人になると駄目になるタイプ」だ。

面倒なことだけ増えていく

まあ当然だけど、結果的にはやらなきゃいけないことが「さらに面倒になって」増えていく。それで余計に焦ってしまう。あとはこの悪循環の繰り返し。自分を奮い立たせてちょっとずつ消化するんだけど、常にやらなきゃいけないことが残ってしまっている感覚だ。

どうやって対処すれば良いか?

では、この問題に僕はどうやって対処すれば良いのだろうか? 一般的にはモチベーションを上げるための方法やモチベーションを維持するための方法を探すべきなのかも知れないけど、僕は多分、そんなに簡単にやる気を持ち続けることができない。だから、考えてみた。

いつやるか?今でしょ!

はい、有名ですね。やる気を起こすとか、やる気を維持するとかではなく、とりあえずやる。

このフレーズが好きな人は僕だけじゃないと思うけど、これを気に入っている理由はきっと、これを実践することによる対処法では「考えるという行為」が省かれていることだ。

やる気は関係ない。やる。こんな感じ。ほら、ブログの更新まであと少し!

やることメモを見えるところに置く

上の「いつやるか?今でしょ!」の対処法とは矛盾してるように見えるけど、そうではない。それに、きっと「既にやらなきゃいけないことが山積み」って人はたくさんいるはず。

だから、優先順位をつけてメモをつけるということを、まず今やる。終わったら、優先順位の高いことから、今やる。こんな感じ。無駄なことを考える時間が減っていくのが分かるので、そのおかげで今日のこの記事もスラスラと書くことができていて良い感じだ。

好きなことはご褒美にする

ついつい好きなことや趣味ばかりに時間を使ってしまうけど、それはご褒美だと思って1日の終わりとか1週間のどこか後ろの方にやることにする。

順番を変えても、やらなきゃいけないことが本質的に増えない限りは「同じ時間」好きなことができるはずだ。それに「自分へのご褒美」と思っている方が幸せな気分になれる気がする。

今回のまとめ

今朝は「何もやる気が起きない」と思ってどうしようかと思っていたけど、結果的にブログをきちんと書くことができた。

気が付けば、このブログも1ヶ月。続けることが大事だと思っているので、まずまずの結果。じゃ、今から思う存分「好きなこと」を楽しむとするか!

当ブログ『さとり世代のミニマムライフ』は
以下のカテゴリで人気ブログランキングに参加しています。

ライフスタイルブログ シンプルライフ ライフスタイルブログ ミニマリスト

この記事のシェアはこちら

更新情報を受け取るにはこちら