なんかいいことないかなぁ?と受け身な人たちよ気にせず前へ進もう!

この記事のシェアはこちら

なにかいいことないかなぁ?が口癖の人へ

よく「なんかいいことないかなぁ?」と口癖のように呟く人がいるけど、それってその言葉を聞いている人に何かを期待しまってないかい? 中には、自分の頭の中で「何かいいこと」を具体的にイメージしている人もいる。どうして積極的になれないの?

きっと、こういう受け身な人たちは、成り行きを「周りの人たち」に委ねることが当たり前になってしまっている。本当は自分でも「違う自分になりたい…!」とか「自分の今いる場所はあまり面白くない…!」と気付いているはずなのに。

今はよくないと認めているようなもの

まず、自分のセリフと考えていることの両方をよく分析してみよう。

もし「なんかいいことないかなぁ?」と口癖のように言ってしまっているとしたら、それは、あなたは『今はよくない』と認めているのと同じだ。

仮に『よくない』とまではいかなくても、おそらく『現状に満足はしていない』だろう。僕は反抗期の時期があったけど、その頃も「何」に不満足かが分かれば、対処法は見つけやすい。

親がうざい!なぜうざい?ストレスを12年間も溜めた反抗期の追憶
親ってうざいときは本当にうざい。僕の親なんて「わざとうざいこと言ってるの?」と思えるくらい発する言葉1つ1つすべてがうざかった。親から絡まれる度にストレスが溜まるので、僕は中学生のとき、自然と親を無視するようになったくらいだ。

分かっているなら話は早い!

さて、もし『現状に満足はしていない』ということが分かっているなら、話は早いよね。

「違う自分になりたい…!」とか「自分の今いる場所はあまり面白くない…!」という風に、何かしら『満足していない部分』がある。そのことをまず、自分に言い聞かせてみるといい。

そして『自分の思い』に耳を傾ける。大丈夫、本当は自分でも「何が欲しいか」気付いているはずだ。あなたが現状で「満足していない部分」と、頭の中で考えている「何かいいこと」を照らし合わせながら、2列に書き出してみると良いかもしれない。

例えば、1列目が「同じ毎日の繰り返し」、2列目に「どこか別の街で暮らしたい」など。

「何」にいいことを期待している?

あなたの頭の中には、現状で「満足していない部分」と「何かいいこと」との間のギャップが存在しているわけである。満足していない部分を「いいこと」に変えてやる必要がある。

じゃあ、そのギャップを埋めてくれるのは「何」だろうか?

周りの誰かだろうか? 世界を変える救世主、偉大な政治家、もしくは白馬に乗った王子様のような存在などは、期待してはいけない。もし期待してしまっている場合は、要注意である。

なぜなら、あなたの頭の中にある「理想と現実のギャップ」を埋めてくれる人は、気付いてるはずだろうけど、絶対に『あなた』しかいないからだ。「満足していない部分」が分かったら簡単である。人生は、思っているよりも簡単に変えられる。これは僕の経験で保証する。

人生変わった!学生時代の人生観などあってないようなものだった!
高校生や大学生の頃、自分の人生にはどんな意味があるのだろうと考えることが良くあった。毎日がほとんど同じことの繰り返しで、それは永遠に続くようにさえ感じた。当時の僕の人生観は「劇的に人生が変わることはない」という冷めたものだった。

主体性を鍛えるだけで変われる

もちろん、自分から行動を起こさなくても多少の「いいこと」は必ずやってくる。運のいい人なら、すごくいいことだって勝手にやってくるかもしれない。だけど、それはあなたが本当に望んでいることとは違うかもしれない。

さらに問題なのは、受け身でいると「一喜一憂」してしまうばかりで、疲れてしまうことだ。いいことと同じように「悪いこと」もあるし、すごく悪いことだってあるかもしれない。

結局のところ、自分自身で「理想と現実のギャップ」を埋めていくのが1番効率が良いのだ。だから、主体性を持って自分の『言動』と『行動』を変えてみよう。

「いいことないかなぁ?」よりも「必ずいいことがある」と信じるのだ。

自分に合った趣味探しは真剣にする!趣味選びは人生を大きく変える!
最近、人生は良い感じだろうか? 空き時間や週末は何をしてる? 趣味がない人は、趣味を見つけることから始めてみるのも悪くない。何か1つでも「良い趣味」を持っていると、毎日同じことの繰り返しな日常でさえも、活き活きとしてくるからだ!

必ずいいことはある(悪いことも)

何もせずにいても、必ずいいことはある。悪いこともある。だけど、同じ毎日を過ごしているだけで、自分から何も行動を起こさないようでは、そんなに大したことは起こらない。

ほとんどの人は、現状で「満足していない部分」が一体『何』なのかは気付いているはずだ。そして、おそらく「何かいいこと」も大体はイメージできているだろう。

主体性を持って行動すれば、あなたの考えていた「なんかいいことないかなぁ?」は予想外に早く実現化するはず。受け身なままだと、些細なことに一喜一憂して「毎日」を繰り返すだけなんだから、周りのことは気にせず「より大きないいこと」のために頑張ろう。

当ブログ『さとり世代のミニマムライフ』は
以下のカテゴリで人気ブログランキングに参加しています。

ライフスタイルブログ シンプルライフ ライフスタイルブログ ミニマリスト

この記事のシェアはこちら

更新情報を受け取るにはこちら